賃貸探しで重視したいのはこんな条件

集合住宅に住む以上、外から生活音が聞こえてくるのは仕方のないことです。カーテン等を用いて自分なりの防音措置を施しましょう。また、トラブル解消の際には管理会社などに「緩衝」

ちょっとした工夫で「気になる音」をカット

そこに人がいる以上、そして生活している以上、それに伴う少しばかりの音−−生活音が発せられてしまうのは致し方のないことです。
ましてや完全な防音措置が施されている賃貸物件などは稀なのですから、通常の集合住宅に「無音」というオプションを求めるのは困難な話なのかも知れません。
しかし、それでもやはり住まいは大切なくつろぎの空間です。
当然のことながら少しでも静かな方が良いですよね。
外部からの「音」が、あるいは自室から外に発する「音」が少々気になるな…といった場合は、床に厚手のカーペットを敷いてみたり、窓にカーテンを取り付けてみたりしてみましょう。
ちょっとした工夫なのですが、音は間に緩衝となるものが存在すると伝わりにくいという性質があります。
毛の長いカーペットや、ヒダの多いカーテンなどは更に防音効果に優れていると言われています。
何も処置せずにいるよりは段違いに「音」が軽減されますので、ぜひお試しください。
専用の防音カーペットや防音カーテンといったものも市販されています。
さて、そうした対策をとったにもかかわらず、たとえば、なお隣室等の騒音に悩まされ、いよいよ我慢ならなくなった場合、あなたならどうしますか?
まず考えられることは、その「音」の元となっている居住者のところに一言注意しにいく−−ではないでしょうか?
そういった場合は、直接あなたが勧告するのではなく、管理会社や家主に相談し、代わりに注意してもらうようにしましょう。
「音」と同様、トラブル解消についても「緩衝」となる存在が必要です。
効果的にクッションに活躍してもらい、平和的かつ円滑に事態を収束させましょう。
記事一覧

Copyright (C)2017賃貸探しで重視したいのはこんな条件.All rights reserved.